保護犬「のんたん」のお話

今日は「のんたん」のお話です

きっと・・・

「のんたん」の事は

ご存じの方も多いかと思います

のんたんは



自分を大切に迎えてくれる本当の家族を待っています

DSCF6856.jpg
(ぼんじぃさんから画像提供して頂きました)

のんたんは推定10歳のビションフリーゼの男の子です

元飼い主の手によって保健所に持ち込まれました

のんたんは

保護活動をしている

Re:Start~リスタート~ の チチサン達の手によって助け出されました


のんたんの記事です 笑顔がい~~っぱい


私は、ビションの保護犬がでた!・・という話を聞いたのは
これが・・・4回目です

正直

ビションを飼っている人にそんな無責任な悪い人はいない・・・

なんて

勝手に思ってた

ううん

ビションに限らず、犬と家族のように暮らしていたのに

ある日、突然人間の都合や勝手で自らその命を奪うような人間が

この世の中に・・・こんなにたくさんいることも

年間に殺処分される子達の恐ろしい数字も

私はシュウマイを迎えるまで・・・知らなかった


でも

これが現実なんですよね

とっても悲しくて・・悔しいけど

私達はもっと・もっと・・・知らなくてはならないと思う

こんな酷い人間がこの世にたくさんいることを

そんな人間達の手によって悲しい思いをしたまま命を失う子達がたくさんいることを

そして

そんな子達を一生懸命レスキューしている人達がいることを

のんたんは、今 

「☆ ゆるゆる わん るーむ ☆」のぼんじぃさんのところで

今まできっと味わったコトもないような愛情を与えてもらい、少しずつ元気になっています

のんたんを預かって下さっている
ぼんじぃさん

私は・・ぼんじぃサンのブログはずっと愛読させてもらっています

そのブログから伝わる人柄や優しさや温かさ・・・

そしてこの活動を本当に一生懸命頑張って下さっています

チチサン達をはじめ


頭が下がる思いです

本当にありがとうございます

何の活動もしていない私が
こんな記事を書いてしまい、不愉快に思う人もいるかもしれません

私はまだ何もできてません

でも、まずは知るコトから 協力できることから 自分にできることから

これから・・・少しずつでも関われたらと思っています

一人でも多くの人に

「のんたん」の可愛い笑顔・・・見て欲しい

「のんたん」の素敵な魅力・・・気づいて欲しい

DSCF6861.jpg
(ぼんじぃさんから画像提供して頂きました)

のんたん

「Re:Start~リスタート~」の意味は 再出発

10歳からでも

必ず・・・再出発できる

にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ
にほんブログ村

のんたんのコトが少しでも気になった方は
ぼんじぃサンのブログから、ぼんじぃサンまでご連絡どうかよろしくお願いします







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

わたしも今まで自分が何も出来ないことが辛過ぎて
こういう問題から目をそらしてしまっていまうことばかりでした。
それでも、のんたんのことはとても気になってぽんじぃさんのブログへ
お邪魔しているうちに、相変わらず辛い気持ちになってしまう反面
ぽんじぃさんのお人柄に触れたり、過去に辛いことがあってもなお
人を信じて生きていこうというのんたんを感じるうちに
自分なりに見守りたいという、少しですが勇気をもてるようになりました。
そしてまた、こうやってお友達のショコリーゼさんが記事にされたのを
読むと改めて、その気持ちが深まります。

のんたんの再出発わたしも応援隊です。

No title

のん君は10歳なのですか...

若いワンコ、しかも、純血種なら
新しい家族がすぐに見つかると思いますが...

でも、10歳といったら
年々増えていく医療費のことや
数年後に待っている介護のことを考えると
10歳の犬を家族に迎えるということは
私たちがパピーを迎えることよりも
ずっとずっと勇気と覚悟が要ることだと思います。

10年間家族だと信じていた人たちに捨てられて
のん君は不安でいっぱいだろうし
この年齢で新しい環境に慣れなければいけないなんて
本当に不憫でなりません。

私自身は遠い海のむこうから
のん君の幸せを祈ることしかできませんが
のん君に新しい家族が見つかると信じています。

そして10歳というハードルを乗り越えてのん君を迎えてくれる
勇気のある家族となら
幸せの星のもとに生まれてきたはずだったのん君も
今度こそは幸せな犬生を送ることができると思います。

のん君を保護してくださったぽんじぃさん、 
そして
のん君のことを少しでも多くの人に知ってもらおうと
記事にしてくださったショコリーゼさんにも
感謝します。

No title

今日のブログに泣いてしまいました
あたしも、まさかビションにも保護って、最初はショックでした。
のんたん保護当時3.8キロガリガリで画像を見るたびに泣いてました
どんな、思いで生きてきたんだろうって考えるたびに切なくて
目の前のルルやトマトを抱きしめちゃいました。

のんたは、チチさんに救助されぼんじぃさんと生活し少しづつ笑顔や表情も豊かになって身体も少しふっくらして、その変化を嬉しく眺めていました。
私も、ショコリーゼさんと同じで知ることしか、ブログの応援しかできないけど、これからも微力ながら応援したいです。
ブログのアップありがとうございます。
のんたん頑張れーの応援のポチ

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こんにちは。

私も のんたん君の記事みました。
胸がしめつけられます。シロも私が保護したワンコなので、のんたん君の
気持ちが分かる様な気がします。
しかも、のんたん君は10歳。。。のんたん君の10年はどうだったのだろうか?と考えると涙が出ます。

私も何かお手伝いを と思って自分のブログに載せようと挑戦しましたが
PC 初心者の私にはハードルが高すぎました。
また調べて再度、挑戦しようと思います。
私にはこれぐらいしか出来ないので。。。。

のんたん君を可愛がってくれる方が見つかります様にお祈りいたします。

No title

こんなひどい状態で放棄されてしまったのに、
性格のよさそうな子で、いいお顔もしてて・・・

最近ね、こうやって一緒に過ごしてきた子を
手放してしまう人の中には、かなり追い詰められた
状態になって手放してしまう人もいるんじゃないか
って思うんだ。

前に散歩中に会った飼い主さん。
しつけとか色々と困ってたようで辛そうだったので、
ずーっと話聞いてたら泣き出してね、

「こんなに話を聞いてもらえたことなんて一度も
なかった。相談にのってくれた人なんていなかった」

って言ってたの。
で、表情が明るくなって、それからしばらくしてあったとき、
楽しそうに散歩してた。

ペットショップでも獣医さんでも、もっとしっかり話を
できるところがあれば、追い詰められて犬を手放して
しまう人が減るんじゃないか・・・って思ったよ。


のんたん、いい家族にめぐり合えるといいね!
のんたんの幸せを祈っているよ!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

う~~ん あいかわらず心が痛む実態が多すぎますね

でもそこには心が和むような出来事も昔よりは少なからず増えて

きた気がします。すこしずつだけど、状況を変えていきたいですね。

ショコさん あたたかい記事ありがとうです

鍵コメ ママサンへ☆

コメントありがとうございますi-179

私もまた、鍵コメしますねi-189

(12/8 の 01:13 と19:28)鍵コメサマへ

コメントありがとうございますi-179

私もブログを見せて頂きましたi-189
こちらこそ、ありがとうございました

自分でも、記事を書いてるうちに
とっても感情的になっちゃって、文章を打っては消し打っては消し・・・i-201
こういう記事を書くのは難しいな~ってつくづく感じてしまいました

鍵コメサンがいつも温かいコメントを入れているのよく目にしていました
このような活動に携わっているうちにいつか逢えるかもしれませんねi-178

ってか、こっちにもブログがあったんですねi-179

somakaさんへ

コメントありがとうございますi-179

私も同じですi-201

思ったり考えたりしていてもなかなか行動するコトができませんでしたi-202

でも、いろんな人の思いが私に勇気をくれました
somakaさんもそのおひとりです・・・i-189

somakaさんの言葉や気持ちは私の心にとても響きました
一緒の応援隊だと思うと、心強いですi-179

でも、やっぱり一番勇気をくれたのは「のんたん」だと思います

人間に裏切られてもなお、人間を愛しそして幸せになることを諦めていない
のんたんの気持ちが痛いほど悲しかった

そしてそれを応援しているぼんじぃサンやチチサン達の気持ちも・・・

だから、私も自分にできることを見つけてこれからも協力できることには
積極的取り組もうと思っていますe-420



Winkleさんへ

コメントありがとうございますi-179

ちょっぴりご無沙汰でしたねi-189

ビションの保護犬の話をきく度になんだか切なく・・
そして複雑な思いになっちゃいます

(ビションに限らずですが・・・i-201

確かに、のんたんは10歳で今後のコトを考えると、迎える家族にとっても
少しハードルが高いかもしれませんね

でも、だからこそ残された時間をどれだけ幸せな毎日してあげるれるか
一日・一日を大切に過ごせると思うんですe-267

お互いに・・・

それは迎える人間側にとっても意味のある毎日となり、幸せな日々になるはずだと
信じたいです・・・

こんなにも、のんたんの幸せを願っている人がたくさんいるってコトで
私も勇気や感動をたくさん頂きましたe-420

遠く離れていていても、心の距離は・・・すぐ近にありますねi-88

めぐっちサンへ

コメントありがとうございますi-179

私も、思わず膝の上にいたシュウマイを抱きしめてました

私も、状態の酷い・ガリガリののんたんを見た時とっても悲しくなった
10年もの間、毎日毎日飼い主の愛情を求めていたんだと思うと、本当に私も切なくなりました

私も今まで、人に裏切られたり人間の醜い部分をたくさん見てきました

でも犬達って本当にピュア(純粋)で、見返りなしで人間を愛してくれる・・・・
例え裏切られても・・・

そう思うとね、人間なんかよりよっぽど偉い生き物なのかもしれないなって思いますi-189

私もたいしたコトはできないけど、自分のできることから・・少しずつ初めてみようと思っていますi-88

いつかは、もっともっとたくさんの命を救えるような活動ができるように・・・e-420

シロの母さんサンへ

コメントありがとうございますi-179

シロくんのお母さんが、のんたんの記事をUpしてくれたコト・・・

とても・とても嬉しく思いましたi-189

シロくんとお母さんの出逢いを知ったばかりだったので
私もなんだか、その想いがカブってしまってて・・・i-201

シロくんの言葉やお母さんの言葉には説得力があるってか
とっても深い言葉の重みを感じます

のんたんの10年間は・・・どんな毎日だったのだろう・・・
酷い状態で保護されていたので、きっと辛く寂しい日々だったのかもしれません

でも、のんたんは人間が大好きです

そんなのんたんに人間も応えてあげなければなりませんよねe-420


うさこうチャンへ

コメントありがとうございますi-179

そうだよね

人間のお母さんだって我が子を手にかける世の中になっちゃってんだもんね・・
どこかおかしくなってきちってるかもしれないねi-201

うさこうチャンに話を聞いてもらえた飼い主サン・・元気になってよかった!
子育てと同じように、みんなそれぞれ悩み事を抱えてるんだよね

他人に聞いてもらって、自分だけぢゃないんだなぁ~って解っただけでも
安心したり、嬉しくなったり・・・ね

可哀想な子を救うのも動物愛護だけど

可哀想なを作らないってのも動物愛護だよね

そういう意味では、うさこうチャンもしっかり活動したよねi-234

私達のこういったブログも、どこかで何かの・・誰かの・・役に立ててるといいなi-189




鍵コメママサンへ

コメントありがとうございますi-179

こちらからも、鍵コメにてご連絡させて下さいi-189

BOBさんへ

コメントありがとうございますi-179

BOBサン、ご無沙汰してました
お元気してますか?

私がこういう動物愛護や保護活動に目を向けるようになったきっかけは
実はBOBさんの影響力がとても強かったのですよi-189

BOBサン発信で・・いろんなこと知り、いろんなこと教わりまりした

私もBOBサンから優しや勇気をたくさん頂きました

BOBサンのような人になりたいなって・・・

酷いコトをする人間がいる一方で
それを必死で救おうとする人間もいる

その人達のおかでで、私達まで救われたような気持ちになります

そんな人達の手で、一人でも多くの子がこの先幸せになれること願うばかりです・・
私も、そんな手助けができる人間になれたらいいなe-420



プロフィール

ショコリーゼ

Author:ショコリーゼ
シュウマイは2010年9月7日産まれの男の子
仙台から飛行機で
ノリぱぱとショコリーゼままのお家にやってきました

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR